【脳動脈瘤の早期発見・脳ドックご案内】

HOME >>ドック案内>>脳ドック

ヘリオス会病院 脳ドックご案内

脳卒中が三大成人病(脳卒中・がん・心筋梗塞)のひとつとして注目されていますが、がんや心筋梗塞に比べて予防、早期発見を心掛けている方はまだ少ないようです。

ヘリオス会病院では平成4年より脳ドック部門を新設。埼玉県では最長の実績を誇っています。

 

お問合せ先 048-569-3117 ヘリオス会病院 検診部

脳動脈瘤の早期発見

 

脳ドックが登場した当時は、動脈瘤の検索が可能とのふれ込みだったことから、実際に動脈瘤が発見された場合に手術をするか否かでかなりの論議が交わされました。

ヘリオス会病院では、脳ドックの意義を動脈瘤を含む脳卒中の手術適用以前の初期での病変発見に求め、その為の機種選定から慎重に行いました。実際に脳ドックで使用する独シーメンス社製MRI《Magnetom Impact超電導式》は、破裂する危険性を指摘されるはるか以前の2ミリ前後の動脈瘤を発見することができ、これにより投薬での血流コントロール等、初期の体質改善による治療等を心掛けています。

勿論、手術適用となった場合でも、脳神経外科医と放射線読影医による、画像の分析や患者さんと充分な話し合いの末手術をするかどうかを決定します。脳神経外科専門医の病院長がドックの判定から手術までを一連で責任をもって担当させて頂きます。

MRI参考画像

MRA参考画像

MRA参考画像

MRI(TIプロトン強調画像)  

MRA( 脳血管撮像)  

MRA(頸部血管撮像)

 

脳ドック・脳健診コースおよび費用

 

コース名称

脳ドックⅠコース

脳ドックⅡコース

脳健診コース

コメント

日本脳ドック学会推奨検査項目を網羅する脳ドック基本コース

簡易型脳ドックコース

複数受診の方に対応

費用

70,200円

61,560円

38,880円

所要時間

約2時間

約2時間

約1時間

ヘリオス会病院へのお問い合わせ一覧はこちらから